HACCP導入の手順

皆さんが、家屋を建てる場合には、まず基礎と土台が大切だということはいうまでもありません。

HACCPを導入する場合も同様で、一般衛生管理プログラムが基礎となり整備しておかなければなりません。

これは、施設・設備の衛生管理から始まって従業員の衛生管理から毎日の清掃の仕方までをマニュアル化して実行することです。

ハード・ソフト面において衛生的な製造環境を整えてから、HACCPによる危害分析という関所(重要管理点=CCP)を設けて、安全な食品を製造します。

一般的衛生管理プログラムの10の要件
  1. 施設・設備の衛生管理
  2. 従事者の衛生教育
  3. 施設設備、機械器具の保守点検
  4. そ族昆虫の防除
  5. 使用水の衛生管理
  6. 排水および廃棄物の衛生管理
  7. 従事者の衛生管理
  8. 食品等の衛生的な取扱い
  9. 製品回収のプログラム
  10. 製品等の試験検査に用いる設備等の保守管理

これらの項目の内容を現場にて使用できる衛生マニュアルを作成し実行します。

HACCPは単独で機能するものではありません。衛生管理という大枠の一部であり、HACCPを効果的に機能させるためには基礎である一般衛生管理プログラムが重要です。

製造環境からさまざまな汚染を一般衛生管理プログラムで予防し、危害の防止で極めて重要な関所(重要管理点=CCP)に管理を集中させたのがHACCPなのです。

ページトップへ