HACCP導入

HACCP(ハサップ)は導入しなければならないのか

日本中の消費者を震撼させた「某菓子メーカー期限切れ牛乳使用事件」や「某乳製品メーカー食中毒事件」はHACCPのあり方を考えさせるものでした。

某乳製品メーカーは差別化のためHACCP認定取得したものの正常にHACCPを遂行しなかったために起こりました。

また、埼玉県のハム製造工場の「O-157事件」は保健所のミスという事になりましたが、ハム製造工場のぬれ衣を晴らす証拠になったのが、HACCPによる製造工程管理の記録文書でした。これにより、ハムは殺菌管理を正常に経ていることの証明になりました。

これは、PL法(製造物責任法)に関連してのHACCPの有効性が示された国内初の実例となりました。

HACCPを正常に遂行している食品製造工場にとっては、ぬれ衣をかけられないPL法対策のかなめになります。

HACCPの導入とは、単なる書類つくりではなく、食品製造工場の改善作業なのです。

諸外国のHACCPシステムの導入状況

国・地域 対象食品等 告示年月 施行年月
米国 水産食品 1995年12月 1997年12月
食肉・食鶏肉 1996年7月 1998年1月
カナダ 水産食品 1992年 1992年
農畜産食品 1996年 1997年
EU 水産食品 1991年6月 1996年
食肉・乳等 1992年2月
食肉 1993年6月
ニュージーランド 乳製品 1985年
水産食品 1993年
食肉 1997年1月
オーストラリア 蓄水産食品 1992年9月 1992年9月
日本 乳飲料、乳製品 1995年 1995年(任意)
食肉製品
レトルト食品
魚肉練り製品
清涼飲料水

HACCPの概念はひとつですが、各国によって要求内容に相違があります。

ページトップへ

工場の全貌

設計当初からHACCP工場を念頭に、株式会社仙台水産と協議の上、作業動線、多温度帯管理、衛生管理を徹底し、「安全・安心」を理念とした工場を作ることができました。

美味しいお魚をもっと食べてほしい。そのためには、お客様に安全なお魚を安心して食べていただくことが不可欠です。 「魚は生臭いからダメ」「とれたての魚に比べたら、店で買う魚なんて…」「一度、あたってから、魚はどうも苦手…」そんな声をよく耳にします。 松やでは創業以来90年、徹底した衛生管理を行い、とれたての新鮮な魚を安全に食卓に届ける「生臭くない」魚工場づくりに挑戦してきました。その全貌をご覧下さい!

※申し訳ございませんが、実際の工場見学は衛生上お断りさせていただいております。

新鮮な魚が入荷!

漁場から直送された魚は、外気に触れることなく加工場に搬入されます。搬入口にはゴムパッキンを備え、トラックを接続する徹底振り!

衛生管理システム

HACCPの厳しい水準をクリアした松やの衛生管理システム。しかし、松やでは以前より「あたり前」に行なっていたことです。

手洗いの励行

工場に入るときはもとより、一つの作業を終えるたびに手洗いを徹底しています。お客様のお口に入るものと考えれば当然のことです。

消毒液の水槽

入場する際、工場内の施設を移動する際には必ず、消毒液の水槽の上を確実に通ります。足もとの衛生管理も決して見逃しません。

完全防備での作業

真っ白な作業着は汚れを見逃さない為。頭の先からつま先まで完全に作業着で覆うことで、作業中の雑菌の付着を確実に防ぎます。

熟練した技

完璧にさばいた新鮮な魚は生臭くありません。熟練した包丁さばきで、バクテリア繁殖の元となる内臓を確実に取り除きます。

製品用エレベーター技

製品専用のエレベーターです。これに、入荷した原材料が載せられることはありません。

原料用エレベーター

漁場から直送された原料専用のエレベーターです。これに出荷製品が載せられることは決してありません。

完全分離の一方通行

原料の入荷から、製品の出荷までは完全に一方通行で作業が進みます。作業員も工場内を逆行することはできません。

消毒の徹底

使った道具は砥石やホースにいたるまですべて、一度使うたびに丁寧に消毒を行います。

異物混入チェック

清潔に保つだけではありません。意図的に鉄とステンレスのテストピースを混入させた抜き打ちチェックを行い、より安全性を求めています。

創業90年を支える包丁技術

松やは社長にいたるまで、ほぼ全員が包丁を扱えるプロ集団です。だから、新鮮な魚を新鮮な内にさばくことが出来るのです。

紫外線殺菌灯つきの包丁保管庫

包丁の柄はすべてプラスチック製、殺菌灯付きの保管庫で、包丁を滅菌管理しています。魚と直接触れるものですから、常に清潔に保つのは当然のことです。

ページトップへ