食とリスクマネージメント

病院、老人ホーム、保育所、弁当販売店のみなさまへ 安心・安全・健康なお食事サービスは松やのお魚から

水産製品は、体に優しい健康食として多くの方々から好評を得ていますが 多様な形態や鮮度の問題から、食肉に比べ多様性ゆえの複雑さがありました。

松やは長年培った技術と経験を元にHACCPシステムを導入する事により、 より安全に皆様方のお手元に食材を提供する事が可能となりました。

松やの水産加工場は、HACCPシステムで管理された船上の品質そのままに、皆様の窓口にお届けし、安心してお客様に提供する素材としてご利用をお待ちしております。 まず、工場(仙台水産第二センター内)ではマイナス25℃~60℃までの冷凍庫を持ち、切身加工された魚を中心に給食会社・社員食堂・病院・保育所・老人ホーム・学校給食センターなどを中心に、配送センターの冷凍専用車によってマイナス2℃~プラス3℃の範囲で、常温にさらすことなく配達されます。

現在の納入先といたしましては、仙台市を中心に宮城県全域、及び隣県の特養等の老人ホーム、病院、保育所、学校給食など、特に栄養士の方々が日々衛生管理に心を配られている施設が主になっております。

また、皆様からの受注は24時間対応となっており、飲食店やレストランでは仕事が終了してからでも仙台市中央卸売市場に発注可能なシステムを備えています。

こうした実績が認められ、宮城県から増資を引き受けて頂き、県内の産業振興の牽引役として認められていることも、また安心できる経営基盤といえます。

松やでは老舗ならではの知識・情報に加え、魚どころ宮城人としてスタッフ全てが包丁さばきを習得し、加工技術には定評があります。また小売部門で併設の御寿司部門が好評を博しているように新鮮で安全なお魚を、沢山の人においしく味わってもらえる技術を持っています。

今回は、さらなる安全意識を高めるために、より厳格なHACCPシステムを導入しました。健康で長寿志向の時代に水産品を多用したメニューは、きっと消費者の支持を得、喜んでいただけることでしょう。

ページトップへ